ほうれい線 美顔器

美肌になるための超音波美顔器の使い方

 

超音波美顔器を使ったお手入れは、洗顔後すぐのタイミングで行ないましょう。これは、肌に油分があると振動が伝わりにくくなるためです。超音波は水中で伝わる性質がありますので、肌に油分が残っている状態だと効果も低減してしまいます。

 

同様に超音波は空気中でも伝わりにくいので、美顔器と肌の間に空気が入り込んでしまうのもよくありません。そのため肌と水分比率のよく似ているジェルを使うことで、振動をしっかりと伝えます。水溶性のジェルをたっぷり使うようにしましょう。ジェルを使用しなかったり、量が少なすぎると、超音波美顔器を使ってもその効果は期待できません。

 

超音波美顔器を使うと、肌の奥まで美容成分の浸透が期待できるようです。肌の状態によってどの美容成分を浸透させたら良いかを考えて、その成分が配合されている専用のジェルを使用するとよいでしょう。

 

超音波美顔器の専用ジェルに含まれている代表的な美容成分は次の通りです。

 

★コラーゲン:肌のハリや弾力のアップに必要。たるみやリフトアップに効果的。
★ヒアルロン酸:保湿効果により、ハリや弾力のあるうるおった肌に。
★ビタミンC:シミ、くすみ、日焼けによる毛穴の黒ずみが気になる方に。シワやたるみにも。コラーゲン生成をサポートする働きもあります。
★ビタミンA:角質ケアをしたい方に。コラーゲンの生成を促す役割も。
★プラセンタ:ターンオーバー(肌の新陳代謝)を整える働きに優れています。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進するため、ニキビ跡やシミ、くすみに。

 

リフトアップしたい場合は、超音波美顔器を軽くゆっくりと滑らせるように、筋肉に沿って下から上へ動かすと良いでしょう。また、首筋や顔のリンパマッサージを超音波美顔器の使用前後に行なうと老廃物が排出されやすくなり、効果が期待できるでしょう。